ブログトップ

Contrail...

rockun.exblog.jp

音楽、飛行機、宇宙などの趣味雑記をぼちぼち書いてます

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

注:今回のは特にクソ長い内容となっております。
あと、5/14に追記、編集箇所アリ。


今年になってやたらと買いまくっているオーディオ機器。
既に年間予算(個人的な計画)を半分近く消費してしもた。やっべ。
なのでこの機種でしばらく控えることにします(笑)。

てことで買ったのは、先月日本でも販売が開始されたUltimate EarsのUE900。
長い期間UEのコンシューマー向けのトップの座にいた、10proの後継機ってポジションになるのかな。
まだまだ出たばっかりって事もあり、値段は38000円。今のトコ自分のイヤホンでは最高額。
10proは値段が下がりまくって2万円程度でしたが、定価はこれより高かったんですよね。
e0308055_1244134.jpg


購入理由は「デザインが良かったから」。そして「BA4発の音が気になった」。
デザインは大事。やはり外に付けてく機会の多いイヤホンとなると
音が良くてもデザインが悪いと周りから「だっさw」と言われるのは嫌なので・・・。

余談ですがオーテクのCKM99を買う時にCK90PROMK2とも迷ってたのですが、
デザイン見て「これはキツイわ・・・」って事で止めたという経緯があります。
好きな人ゴメンナサイ。

価格帯で比べられる物として、他にもShure SE535(こちらはBA3発でしたね)や
Westone 4Rとかありますが、
新しいモノ好きなこの性格がこれらを受け付けず・・・。いや、良い物だとは思ってますよ?
でもみんな持ってそうだし・・・。


っと、まずは開封の儀と行きましょうか。これが必要なのかは不明ですが・・・ま、自己満ですかね。
e0308055_12474026.jpg

最初に出てきた箱。質感も悪くない。
e0308055_12485761.jpg

開けた所。上の包んであるところには説明書等々が入ってます。
本体の下にはケース。これまた高級感がありますね。
e0308055_12503929.jpg

ケースの中身。シリコンイヤピが10個、コンプライが6個入ってます。
サイズも豊富なので合わない人は少ないかと。自分はLサイズのシリコンに落ち着いてます。
横にあるのはアッテネータ。信号レベルを下げるものですが、普段使いにはあまり出番無いですね。
e0308055_12504187.jpg

肝心の本体がピンボケですみません(汗)。取り込んでから気づいた・・・。
ケーブルは2種類。青がiphoneとかで使えるリモコン付き。黒が普通のオーディオケーブル。
今回はコネクタがMMCXなのでShure用のケーブルが使えますね。


さてさて、中身の確認はこんなもんにしといて早速聞き込み開始。
購入したのは先週土曜日。約一週間、使用時間は約20時間程度なので
エージングはまだまだの状態です。

環境はWalkman A867直(EQはフラット)、PC→ibasso D12Hj(USB)、A867→D12Hjの3パターンで
聞き比べてみました。
試聴曲はロック、ポップ、フュージョンなど色々。
比較機種は10pro、オーテクCKM99、Sony MDR-EX600等1万~3万程度の手持ちカナル機種。
ちなみに10proは純正ケーブルでの比較。

イヤピは前述の様にシリコン製のLサイズ。

:レビュー:
※あくまで素人による感想です。


聞いた直後の感想としては10Proの後継機とは思えないですね。
あちらはボワっとして豊富な低音、引っ込み気味の中音、キラキラした高音とかなり個性的でしたが、
UE900はこれらの特徴(欠点?)を上手い事補正、かなりフラットに近い鳴り方になりました。

各帯域の特徴としては↓
低音 程よく締まり、量的にも曲全体のバランスを整えてくれる丁度良い加減。
中音 中低音~中高音まで豊富で、曲全体に艶が出て立体感があります。
高音 刺さる事はなく自分としてはちょっと少なめ?でも抜けは悪くないので、個人的には及第点。


聴いてて心地良かったのはロック。
ギターのクランチでのカッティング、ディストーション時のリフ、リードトーンの
どれを取っても音に立体感、厚みが有り迫力があります。中音がよく出てるからでしょうか。

ベース、ドラム、ギターとそれぞれ分離感が良く、耳コピにも使えますね。

低域は締まりは適度にあり、それでいてややウォームなニュートラルな感じ。
CKM99の様に無機質にならない、音の厚みを残す良いチューニングだと思います。
量は10proより少なく、CKM99と同じ位かやや多い位。


色々聞きましたがやはりロックの相性が一番良さそう。特にボーカルモノ。
苦手ジャンルは少ないと思います。強いて言えば打ち込み系の重低音が欲しい曲は物足りないかも。

でも流石4ドライバ、3ドライバの10proよりも解像度が上がってます。
モニター機以外の手持ち機種では聞こえなかった音も聞き取れるレベルに。
中音が豊富で「前へ出る音」になってるからかもしれませんが。

10proと比較すると音場は狭まりました。特に横方向。それでも広い分類に入ると思います。
奥行き、上下の広がり方は同等かそれより広いかも。
CKM99、EX600より広い、10proより狭い、ってとこでしょうか。


高音域は出てないことないんですが、中音の張り出し感が大きいので
必然的に少なく感じます。それでも解像度は高く、各楽器の音は聞き取り易い。

CKM99等、ドンシャリ系に慣れた耳なので余計少なく聞こえるのかも・・・(笑)。

突き抜けて刺さる音ではなく、篭らない程度に出てると言った所でしょうか。
高音好きな自分にとっては、もうちょっと抜けてほしかったかなぁ。



再生環境別

A867直では元気な音でアリ。普段使いはこれで充分ですね。

D12Hj(DAC)ではかなり癖が少ないです。言い方は悪いけど楽しい音ではないかな(笑)。
UE900の高解像度な音を聞き込むには一番良い環境だと思います。

A867+D12Hj(アナログ)では少し解像度落ちますが、少し音場が広く感じて
低音の沈みがより深くなり、上2つの中間的な音です。意外にもこれが悪くない。

・・・解像度があんま高すぎると聴き疲れしますからね・・・。


音に関してはこんな感じでしょうか。



デザイン、装着感など

青の筐体と黒の蓋のバランスが良いです。この組み合わせは個人的にどストライクなので・・・。
耳に収まった状態ではほぼ飛び出ず、正面から見た時に飛び出てカッコ悪い10proと違い
インイヤーモニターの様なデザインがカッコいいですね。


装着感は、いわゆるシュアー掛けなので、最初は手間取ったりしがちですが慣れれば問題なし。
タッチノイズがほぼ無くなるのでウォーキングにも良いですね。
フィット感は10proよりマシ、CKM99みたいなタイプよりはやや合いにくい感じ。
一度ポジションにハマれば後は動かないので、簡単には外れません。

遮音性は10pro以上ですね。タッチノイズの無さもあり電車内や外でも快適。
勿論皆無ではないですが、音楽を流してればほぼ聞こえません。
音漏れは・・・すいません、まだ未確認ですが多分ほぼ無いかと。


総括

冒頭に書いた10proの後継機種と思われそうですが、路線はかなり変化していて
何でもオールマイティにこなすイヤホンですね。
良くも悪くも10proは個性的。あの音が大好きって人には多分合わない機種です。

UE900は良く言えば万能、悪く言えば無個性なので、
所謂「濃い味」好きな人にはあまり合わないかなーというのが持論。
「あらゆるジャンルをバランス良く聴きたい」人には適してると思います。

高解像度な音ですが原音忠実ではない、多少なりとも「加工された音」なので、
退屈になることは少ないと思います。


何より、リケーブルが出来る機種なので、様々なケーブルで音の変化も楽しめそうなの良いですね。
10proの純正ケーブルはあまり気に入りませんでしたが、UE900のケーブルの質は
そこまで悪くないと感じたので、純正のままでも問題ないと思います。
・・・リモコン付きの色を標準ケーブルにして欲しかったのに・・・。

いずれ交換してみたいなーとは思ってますが、如何せん予算が(笑)。


やはり値段、スペックで一番比較されるのは最初に書いたSE535や4Rとかでしょうか。
残念ながら自分は聞いた事ないのでここは他のレビューを参考にしてください・・・。

まだまだ値段が高いので簡単に手を出しにくいと思いますが、UE独特の空気感があり
包まれるような音が好きって方や、クセが少なくバランスの取れたイヤホンを
探している方は、一度試聴してみることをオススメします。



どうも賛否のある機種ですが、個人的には今まで持ったことが無い
中音豊富(弱カマボコ系)な特性なので「アリ」なイヤホン。
しばらくはメインで使っていこうと思います。

しかし10proも引退させるつもりは無し。気分で使い分けていこうかと。
[PR]
by Hachirockun | 2013-04-28 17:41 | 音楽 | Comments(2)
さて、久々のギター関連ネタ。
最近、新しいギターを買いました。Tanatos Shamshilというモノ。

e0308055_19562341.jpg

なんとも独特な形ですよね。
で、購入動機は「超高域が出せるギターが欲しいかったから」です。

最近Fair Warningというバンドにハマっていて、このバンドのギタリスト、
ヘルゲ・エンゲルケが使用してるのがスカイギター(最近は別物)なので、
高域のソロを弾きたくても、既存のギターでは不可能だったんですよね。

で、そんな中見つけたのがコレ。なんと37F。ほぼスカイギターと同じ。
値段もそんなに高くないし、スペックも充分でしたので、思わず買っちゃいました。

他にもEdwardsのMVやCaparisonのHorusなど、27F仕様のも考えてました。
前者はあまり好きなメーカーでは無かった、後者は今作ってんのか不明(汗)
ってことでしばらく悩んでました。
そんな時見つけたのが、このTanatos Shamshilだったわけです。

このTanatosというメーカーは自分も聞いたことが無かったし、調べても細かい情報が
見つからなかったので結局「不明」なのですが、セットアップは有名な工房「Combat」が
行っているとの事で、それなりに信頼できる品質だと思います。

以下レビュー。購入を検討されてる方は参考までにどーぞ♪

作りは特に不満なし。強いて言うと、やや塗装の仕上げが甘く肌が悪い。特にヘッド。
スルーネック+大きなカットと、演奏性は抜群。ネックも薄い。
そして何より重量が軽いです。

気に入らないのはヘッドのデザインがイマイチな事と、
ストラップを付ける位置。何でボディ裏にしたんだろ・・・。
e0308055_20595543.jpg

コンコルドヘッドにしちゃえば良いのに・・・と思わずグチがこぼれるこの微妙な造形。ロゴは落書きか?w

~音色や演奏性~
PUがEMG81なのでニュアンスは出にくいけど粒が揃う為、
何と言うか上手くなった様な錯覚になります。ある意味危険(笑)。
ハイパワー、そしてハイミッドの抜けがいいので、リードでの使用がメインになります。
ボディはアッシュなので、やや硬めの乾いた音ですね。アタック強め。

前述の様にスルーネックなので、サスティーンも良好。

ペグは普通のグローバータイプなので、アーミングをするとちょっとチューニングが
狂いやすいです。予算があればロック式に換えたいところですね。

フレットはジャンボかな。演奏性は良いです。トレモロもWilkinson VS-100。
タッチが柔らかく扱いやすいです。

EMG&アッシュボディ&ジャンボフレット&VS-100と、無難で定番なスペックを集めましたね・・・。


~高音域の演奏性~
これは「慣れ」が必要ですね。
ボディのカット自体深いので演奏性は悪くないのですが、問題は押弦。
特に25~27Fまでは間隔が狭いので、正確な押弦が必要です。
中途半端に押さえただけでは、すぐに音がプツンと途切れます。
ミュートもしっかりしないといけないですね。

27F以上では1音づつの間隔になるとはいえ、ブリッジに近づいてる分テンションが
強いので、これまた強く押さえないと上手く音が出ません。
この辺になると指でのビブラートはキツく、アームを使った方が楽ですね。

このように高域フレットの押弦は力がいるので、自分は弦のゲージを046-009にしてあります。
購入時は010だったので指にかかる負担が大きかったのですが、幾分緩和されました。


~総評~
値段(約12万)を考えると、コストパフォーマンスは良いです。
何より37Fの様な特殊な仕様のギターは、選択肢も少なく高価になりがちなので、
手軽に入門できる良い1本ではないでしょうか。

この高域を弾くのは楽しいですよv
アドリブのフレーズの幅も広がると思います。闇雲に使うとくどいですが(笑)。

いつか自分の曲でも使ってみたいと思います。
[PR]
by Hachirockun | 2013-04-07 20:16 | 音楽 | Comments(0)
前回の続きー。宿~翌日編。

能登空港からクルマで約30分、目的の宿、百楽荘へ到着。
e0308055_1103723.jpg

生憎の曇空でしたが、部屋から見える景色はとっても綺麗でした。

夕食。
e0308055_1155922.jpg

前菜からしてなんだか上品ですね・・・、自分には勿体無いくらい(汗)。
e0308055_11134066.jpg

e0308055_1193894.jpg

能登名物「いしる鍋」とお造り。
食べて思ったんですが、こっち(岐阜)より醤油とか甘いんですね。これ好きかも。
e0308055_11144269.jpg

デザートの桜餅ジェラート。ほんのり桜餅の香りがして、美味しかったー。
売ってたら買いそう(笑)。

ちなみに能登の焼酎は香りも良く美味しかったですよ(ぉ。

さすがに写真は無いですが、ここの宿は温泉も目玉で、海洋深層水を使ってるそうです。
美肌効果があるらしく、風呂上りには確かに肌がすべすべしてました。
薬泉ではないので肩こりとかには効果なさそうですね。
貸切露天風呂って最高~。



翌日、たっぷり宿を満喫したところで次なる観光へ。
天気は曇どころか雨。しかも4月になろうとしてるのに朝の気温は2度・・・。
e0308055_116166.jpg

最初に着いたのは見附島。形が軍艦に見えるので「軍艦島」とも呼ぶそうですね。
ここから反時計回りに能登半島の海岸を走りました。

e0308055_1182237.jpg

e0308055_116249.jpg

こちらは聖域の岬(金剛崎)。ランプの宿という有名な宿の上にある
パワースポットだそうです。効果は「?」ですが、結構癒された。

e0308055_1182743.jpg

そして能登半島最北端、禄剛埼灯台です。天気が良ければ佐渡島が見えるという・・・。
いつか日本の東西南北端を制覇してみたいですなぁ。
e0308055_1182423.jpg

ちなみに東京まで300kmだそうな。裏にはウラジオストクまでの距離とかもあります。



e0308055_11511590.jpg

ココらで昼食。やっぱ海の町に来たら海鮮丼でしょ!(爆)。激ウマ!。


e0308055_1183065.jpg

昼食後、少し走ったところで発見。これ、ゴジラ岩と言うそうです(笑)。
これでも立派な観光スポットとして、巡りマップに載ってます。

e0308055_1183139.jpg

最後の観光場所は千枚田。一番小さいので20cm四方の大きさのもあるらしいです(笑)。
冬にはイルミネーションが点くらしいので、こちらも見てみたいですね。
ここで観光を終え、一路岐阜へ。

結論。1泊では回りきれないほど観光スポットが多いです、能登半島って(当たり前?)。

自分としては天文台なんかも行ってみたかった。何しろ街明かりが少ないので、
夜は曇ってるのか晴れてるか分からないほど真っ暗でしたし。
つくづく天気が悔やまれる・・・。

そんなこんなで悔いがちょびっと残った感じですが、料理も美味しく景色も(一応)楽しめた、
満足出来る旅行でした。
またどっか行きたいなぁ~。今度は暖かいところにでも・・・(笑)。
[PR]
by Hachirockun | 2013-04-06 11:47 | 雑談・その他のネタ | Comments(0)
さて、先週の土日を利用して能登へ旅行へ行ってきました。

特に目的とかは無かったのですが、「久しく家族旅行してないよねー」という話題が
出て、特に使い道を考えてなかった福利厚生の蓄えが有ったのを思い出し、
1泊で無理なく行ける所を探した結果、能登になりました(他にもありそーだが)。

会社の福利厚生はちゃんと使わないとね(笑)。


岐阜を朝9時に出発し、高速を利用して約5時間。近いようで遠いんですね、能登って(汗)。

宿のチェックインまで時間があったので、途中道の駅や観光名所を巡ってみました。
最初に寄ったのは能登島水族館。水族館なんて高校の修学旅行以来だなぁ・・・(笑)。
e0308055_10393492.jpg

e0308055_10393677.jpg

ジンベイザメはやっぱ大きいー。けど可愛いんですよね、なんか。サメだけど。
e0308055_10393893.jpg

置物みたいですが、「窓」です、これ。
e0308055_10393995.jpg

なんか目が合ったので撮ってみたハコフグ(笑)。
e0308055_10453142.jpg

トンネルの中、見上げるとイルカが通過。速いので何回も撮影チャレンジ・・・。
e0308055_1047033.jpg

面積はさほど広くないのですが、色んなコーナーがあり充実してました。

ここから約1時間程移動し、次なる観光場所は「能登空港」。
・・・はい、完全自分の趣味目的で立ち寄りました(笑)。
e0308055_10394263.jpg

1日4便のローカル空港なので、広くは無いですね。タイミング狙って行ったので、
一応トラフィックはいましたが。
展望台もあるので、撮影には悪くない環境です。飛行機が「居れば」ですが(笑)。
e0308055_10394461.jpg

珍しくビズ機も居ました。
帰って調べたのですが、なんと探査機はやぶさのカプセルを日本に運んできた
機体だそうです。こんなとこで見られるとは、ちょっと感激。てか何しに来たんだろ。
e0308055_10535833.jpg

羽田便しかないですが、地元の方には助かる路線ではないでしょうか。


長くなったので、次へ続きます。
[PR]
by Hachirockun | 2013-04-05 10:34 | 雑談・その他のネタ | Comments(0)