ブログトップ

Contrail...

rockun.exblog.jp

音楽、飛行機、宇宙などの趣味雑記をぼちぼち書いてます

AKG K550購入!

前回の記事でヘッドホンはモニター系しかないという事を書いていて、
「なんで買わないんだろ?」と自分でも不思議に思っていたので、つい買ってしまいました(笑)。

記事を書く前から色々探してはいて、予算2万前後、密閉型、
低音は質感重視、高音は抜けよくで探したところ、コイツしか条件を満たすものがなかったので、
あんま迷わず選択。
他にもULTRASONEのPRO-750やSONYのMDR-1R、SENNHEISERの
MOMENTUM等々が候補にありました。

MDR-1RやMOMENTUMは知人が所有してたので、聞いてみた事はあるのですが、
やっぱり人が持ってないものを・・・という拘り(素直じゃないだけw)があり、
何よりAKG自体が好きなブランドだったので・・・。

AKGと言えばK701等のオープンエア型が代表格なんですが、自分の環境的に
オープンはちとムリ・・・なので、今回は諦めました。
e0308055_2052772.jpg

ひとまずパッケージ。なんだろう、パッケージ一つ取っても洒落てる・・・さすがAKG。
e0308055_2053191.jpg

開封。説明書、保証書、本体、標準プラグへの変換コネクタが付属品ですね。
ケーブルは3m。ちょっとポータブル用途には厳しい長さですね。リケーブル不可なのが残念。
e0308055_2053336.jpg

ハウジングの中。ご丁寧にLRが書いてあります。別に片出しケーブルなので分かる気もするけど(笑)。
e0308055_2053580.jpg

中央部はヘアラインで仕上げてあります。
下側にReference Headphonesとさり気無く書いてあります。
やっぱAKGのデザインはシンプルなのに高級感あるし、
機能美的な何かが感じられて思わずにやける(危)。
お出掛けに着けてくのが憚られないデザインって大切だと思う(聞いてる?S〇UREさん?)。
でも50mmドライバはやっぱデカい。街中で着けてたら結構目立つだろうなー。

着け心地はホント抜群!これが気に入らない人は居ないんじゃないかなー。
イヤーパッドはふかふかしてて側圧も感じないし、頭頂部のレザーも良いクッション材が付いてます。
300g超えなので、一般的なものよりやや重い「はず」なんですが、これが感じられないんですよねー。

こんな感じなので長時間着けてても耳が痛くなったりしなさそうです。

さて、本題の音質。環境はPC→iBasso D12HjをUSB接続でDACとして使用。
まだまだ到着して間もないのでエージングは全く出来てないので、そこはご了承を。


まずは手始めにランダムで再生。
再生されたのはNHK-BSでやってる「コズミックフロント」のサントラ。
うーん、素晴らしい選曲。ランダムのクセに。

で、いざ試聴開始。

「・・・音楽って素晴らしい・・・(うっとり)」

などとあまりに似合わない気色悪い言葉が思わずこぼれる程、
聞き惚れてしまう様な綺麗で繊細な音。
普段あまりクラシックとか聴かないので、余計に感動。
AKGは繊細で広がりある音が売りと聞いてましたが、納得です。


(素に戻って)ホントに綺麗ですね、高音が。未エージングなのでまだまだ刺さりますが、
この抜け方、頭の中全体に広がる音は新感覚。10proのアホみたいな音場の広さ以来の衝撃ですね。
10proの音場も素晴らしいですが、やはりヘッドホンの音場が広い機種の方が
「ライブ感」が有って良いですね。

高音と一括りにしてますが、実際は中高音の響き方も良い。
ストリングスとかアコギとか、弦楽器系のツヤのある響きが心地良すぎ。

評価の分かれる低音は色んなレビューで書かれてる通り、結構控えめです。文字通り量より質。
出てないわけではなく、必要な低音域は出てて、過度に主張してないだけですね。
ドライバサイズ効果か、重低音域がズーンと響いてるので、全体のバランスは取れてます。

視聴曲をポップ系にすると、確かに迫力というのはあまり感じられないですね。
ただ解像度も高く、一つ一つの音が聞き取りやすいのでモニター系の雰囲気も感じられます。
ノリの良い曲ではちょっとあっさりし過ぎかしらん・・・。

でも空間表現っていうのか、音場の広さ、拡散の仕方が桁違いなので、透明感のある曲などでは
ホントに吸い込まれるような感覚(伝わりにくい?)になります。
女性ボーカル曲などには抜群の相性だと思います。

クラシックは低音域の主張がない分あっさりしますが、ちゃんとコントラバス等の響きなどは
聞こえてくるので、決して向いてないって事はないと思います。
ただ盛り上がりに欠けると言うか・・・。ここは前述の通りモニターちっくなのが影響してるのかな。


メタル、ハードロック系は残念ながらあっさりしすぎてるのでこの辺は厳しいか・・・。
でも聴けないこともなく、ギターの演奏で言うところグリッサンドやスライドでのニュアンスの出てる
演奏を聞くと、生々しさは充分伝わってきます。ベースラインも聞き取りやすいし。
でもやっぱり物足りない感が~・・・(笑)。
ま、この手のジャンルを聞くのにAKG製品買うのはお門違いでしょうね。
ちなみにソースが汚い代表格、自分の曲では荒いトコが丸わかりです。コレハヒドイ。
e0308055_2053214.jpg


てことで、到着直後のレビューでした。またエージングが済んできた辺りで再度レポしたいと思います。

あ、このヘッドホン、割とインピーダンスは高いので、ポータブルのプレイヤー単体では
上手く鳴らせないかと思います。要アンプかと・・・。
[PR]
by Hachirockun | 2013-01-21 21:06 | 音楽 | Comments(0)